ハッピーメールの男女比や年齢層を調査してみた

出会いのノウハウ

ハッピーメールは2001年から運営されており、累計会員数も2500万人以上と国内最大級の出会い系サイトです。

 

アクティブユーザーの数も多く国内屈指の人気の出会い系と言っていいと思いますが、男性と女性の割合や、年齢別登録者の割合が気になります。

 

公式発表のデータもありますが、今回は実際にどのような会員分布であるのか当サイトで調査してみました。

男女比率

まずは、ハッピーメールの男女比を調査してみました。

ハッピーメールは会員数が多く全会員数を調べることが困難であるため、東京を含む一部地域(僕がいつも設定している範囲です。w)での、男女別の一日の登録者数を調べてみました。

 

その結果、男性334人女性151人がその日の登録者数でした。

 

比率になおしてみると、男性68%、女性32%になります。

およそ、3人に1人が女性ということですね。

 

この数値をみて、女性の割合がすくないと思うかもしれませんが、有料の出会い系・マッチングアプリでは標準的な男女比率になります。

女性は恋愛において受動的な傾向が強く、積極的に出会い系に登録する人が少ないんですよね。

 

この比率では出会えないと思う男性もいるかもしれませんが、1人のユーザーが1人としか出会わないわけではないので、相手を探せばすんなりと出会えます。

ハッピーメールのユーザーアンケートでも74.5%の人が出会えたという結果が出ています。

広告費で運営している無料の出会い系では、お金をかけたくない男性が多く集まりますから、男性90~95%:女性10~5%ほどの比率になります。

それらと比較すると、だいぶ出会いやすいのではないでしょうか。

男女別年齢層

次に何歳ぐらいのユーザーが多いのか調査してみました。

ハッピーメールの公式発表では、男性は20代から40代に満遍なく広く分布しており、女性は20代が中心のようです。

ハッピーメールのプロフィールは、年齢を20代前半・半ば・後半と細分化されていますので、当サイトではより細かく調査してみました。

1日の一部地域での登録者数の内訳です。

男性の年齢分布

18~19歳 33人
20代前半 77人
20代中盤 51人
20代後半 39人
30代前半 40人
30代中盤 17人
30代後半 18人
40代前半 18人
40代中盤 14人
40代後半 9人
50代以降 24人

男性は、公式発表通り幅広い年齢層が利用しています。

18~30代前半が多く、その中でも少しだけ20代前半が多いようですね。

 

余談ですが、男性は写真を載せていない会員がかなり多く、勿体ないと調査中に感じました。

僕が、出会えているのもウケのいい写真を載せているからなのだと再確認しました。

 

出会うためのコツはこちらの記事でまとめています。

ベテランが教えるハッピーメールで出会うためのコツ。出会えない時の改善ポイント
ハッピーメールは会員数も多く出会えるマッチングサービスですが、口コミを見ていると出会えずに困っている人もいるようです。 不思議に思い、プロフィール検索で男性会員を調べてみると出会うためのポイントを抑えられていない方が多く見られ...

女性の年齢分布

18~19歳 9人
20代前半 45人
20代中盤 28人
20代後半 18人
30代前半 5人
30代中盤 11人
30代後半 5人
40代前半 6人
40代中盤 4人
40代後半 4人
50代以降 5人

女性も、公式発表で20代が多いと書かれていた通り、60%が18歳~20代後半という結果になりました。

特に、20代前半が多く全体の30%を占めるほどです。

ハッピーメールはどの年代と出会いやすい?

調査の結果、男性はまんべんなく年齢が分布しており、その中でも18~30代前半の会員と出会いやすいようです。

女性は20代前半の若い女性との出会いに結びつきやすい出会い系ということがわかりました。

 

ただ、ハッピーメールは一日の登録者が多い大型出会い系ですので、熟年者向けの出会い系とかわらないほど、50代以降の登録者がいます。

比率にすると少数派に見えてしまいますけどね。

 

ハッピーメール自体もミドルエイジ/シニア向けの掲示板があったりと、全年齢の出会いが可能な出会い系と言えるのではないでしょうか。